2011年10月15日

がんばっぺ東松島子ども秋まつりに参加

2011年10月15日(日)
宮城県東松島市の子ども達へ、
富士見市民の寄付で集めた絵本とおもちゃ。
それに遊びを届ける事業に、ふじみっこ・夢みらいも協力をしました。



子どもたちに笑顔を「チーム富士見」のメンバーに加えて頂き、
夜行バスに乗り込みました。

総勢29人と市民の皆様がお寄せくださった
たくさんのおもちゃと絵本で
大型バスは一路東北の被災地、東松島市へ。

CIMG0350_R.JPG

夜半の出発にも関わらず、
星野市長、関野市議会議長等に見送られたときは、
熱い使命を感じました。

 おもちゃ配布にあてられた和室に
大急ぎで各グループごとにおもちゃを配置しました。

CIMG0351_R.JPG

配布の方法は、
あそびのコーナーを担当した企業のスタンプカードを受け継ぐ形で、
スタンプの数でポイントカードを渡しました。

 これは、ふじみっこ・夢みらいがやっている【かえっこバザール】で、
時間が経つにつれて「手伝いたい」と言ってくれる子どもに
【かえるスタッフ】になってもらいました。

CIMG0352_R.JPG

約束の勤務時間が終わり、
ポイントカードを受け取る時の子どもの笑顔がたまりませんでした。

弟のために欲しいおもちゃあるんだ、と
【かえるスタッフ】を2回もやってくれた4年生男子、
ジブリの映画が大好きで
全部見たよと教えてくれた11歳の女子は、3回も。

6年生3人組の女子は、
3人のポイントを合わせて一番大きなプーさんを抱えて行きました。

CIMG0353_R.JPG

 “子どもたちに笑顔を”ということでは、
本当にたくさんの笑顔に会いました。中でも、
最初におもちゃの部屋に入った男の子の
「うわあー」の歓声が忘れられません。

 小さな子を連れたお母さんは、
「津波で玄関先に置いてあった子どもの乗り物が流された、
1階にあった子どものものが全部だよ」
「おもちゃは、本当に助かります」と。

 特に大きな遊具等は大人気でした。

CIMG0357_R.JPG

若いスタッフが何度も外の車まで運んでいました。

また、大きなくまのぬいぐるみを欲しがった
小さな子どもにお母さんが、「仮設だからね、」と。

これから寒さに向かう当地では、
子どもの防寒具が必要です。
とのお声も伺いました。

 お預かりした絵本は、
翌日のおまつりで配布予定でしたので、
皆様の印象等をお伝えすることができませんが、
きっと喜んで下さったことと思います。

CIMG0355_R.JPG

 私は、子どもたちの成長する姿は、
東松島の子も富士見市の子も同じだなと思いました。
被災地の生の声への対応を模索しているところです。 

本橋千賀子
posted by ふじみっこ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじみっこの活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49300065

この記事へのトラックバック


  ふじみっこブログ TOPに戻る